×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

皇帝ペンギン 寿命

今日は立夏だそうです。 もう夏の言葉が使える時期にきましたか。 ついせんだってまで寒さがぶり返しはしないかと心配していましたがもう夏の声です。 大型連休から一転多忙な毎日がはじまります。 世情を一時忘れた感がりましたが直ぐに戻ってしまいます。 一日は昼半分夜半分ということですがなかなか昼から夜への切り替えができないですね。 昼の延長で一日が過ぎてしまっているような気がします。 切り替えが 行動です。 皇帝ペンギンは40年の寿命を頂いているそうでこの厳しさに対する恩恵ではないかと言っています。 このペンギンは70%海の中で生活しているそうで陸上の数ヶ月は大変な生活でしょう。 同じく南極の別な場所では’リペンギンが子孫

ペンギンの特集リンク

ペンギン村♪

ペンギンは、現在では6属18種だが、化石から、かつてはもっと多くの種類が存在したことがわかっている。属や種を特徴付けるのは頭部周辺で、それぞれ特徴的な形態をしている。 現生ペンギンの最小種はコガタペンギン(リトルペンギン、フェアリーペンギン、Eudyptula minor)で体長は約40cmである。 最大種はコウテイペンギン (Aptenodytes forsteri) で、体長100〜130 cmに達する。ただし、絶滅種のジャイアントペンギン (Pachydyptes ponderosus) はコウテイペンギンよりも更に大型のペンギンであった。 多くの鳥類は陸上において胴体を前後に倒し、首を起こす姿勢をとるが、ペンギン類は胴体を垂直に立てた姿勢をとる。翼は退化し、ひれ状の「フリッパー」と化していて飛ぶことができない。首や足も短く、他の鳥類とは一線を画す独特の体型をしている。

ニュース

【W杯】ロナルド、名刺代わりのポスト直撃弾 存在をアピールも引き分け
 世界が注目する選手の1人であるポルトガルのロナルドが、いきなり名刺代わりの一撃を見舞った。前半11分、フェイントでディフェンダーを置き去りにし、作ったスペースで右足を強振。ボールはポストを直撃し、ゴールにこそならなかったが、大会の顔であることを強烈に印象づけた。
【W杯】満身創痍のドログバが強行出場
 攻めながらも、点が取れないもどかしさが続いていたコートジボワール。エリクソン監督は後半21分、満を持してドログバを送り出した。
【医薬最前線】第2部 2010年の壁(3)伸びる後発薬 大手も食指
 日本の後発医薬品(ジェネリック)市場の“異変”を象徴する光景だった。6月12、13日、さいたま市であった「第4回 日本ジェネリック医薬品学会」。シンポジウムやセミナー会場には立ち見が出た。参加者は初の1千人を超えた。国内外の大手新薬メーカーのマーケティング担当者の姿が目立った点でも、従来とは様子が違った。
刺された女子高生は重体 横浜市
 横浜市の私立清心女子高校で15日、1年の女子生徒(15)が同級生に脇腹を刃物で刺された事件で、神奈川県警によると、女子生徒は意識不明の重体だという。
【W杯コートジボワール−ポルトガル】速報(7完)0−0で引き分け コートジボワール終盤の猛攻実らず
 後半30分すぎから、両チーム徐々に疲れが見え始め、足がつる選手も目立ち始める。